産経ニュース

梅雨に映えるアジサイ、大和郡山市の矢田寺で見頃に

地方 地方

記事詳細

更新


梅雨に映えるアジサイ、大和郡山市の矢田寺で見頃に

 「あじさい寺」の愛称で親しまれる大和郡山市の矢田寺で、アジサイの花が見頃を迎え、大勢の参拝者らの目を楽しませている。

 約2万5千平方メートルの境内にある「アジサイ園」には、約60種類1万株が植栽されている。寺によると、今年は日差し、雨量ともに恵まれ、順調に開花。花は今月下旬までが最盛期という。

 堺市から訪れた自営業、東野光邦さん(61)は「雨露にぬれたアジサイはフレッシュな感じ。川が流れる音を聞きながら花を楽しめるし、来てよかった」。妻の貴美恵さん(52)も「アジサイが一面に広がる庭園はスケールが大きくて、すごくきれいですね」と咲き誇るアジサイに見入っていた。

 アジサイ園は7月10日まで。入山料は大人500円、小学生200円。シーズン中は奈良交通が近鉄郡山駅(30日まで)とJR法隆寺駅(24日まで)から臨時バスを運行する。問い合わせは矢田寺寺務所北僧坊(電)0743・53・1531。