PR

地方 地方

発車オーライ、乗り合いバス100周年 奈良交通、貴重映像で歴史紹介DVD制作

Messenger

 県内で乗り合いバスが初めて運行してから昨年100周年を迎えたのを記念し、奈良交通(奈良市)はその歴史を当時の貴重な映像でたどるDVD「タイムトラベル 奈良県バス100年の旅」を制作した。時代背景を学べる教材としての活用も期待され、同社は県内の公立図書館などに寄贈。さらに、希望する学校や公的施設などに50本を無償で提供するという。

 奈良にバスが初めて走ったのは大正6年5月25日。当時の車両は定員6人のT型フォードで、松山(大宇陀)-桜井間の約13キロを結ぶ交通機関として登場した。DVDでは、運行開始以降、近代化に伴う路線の拡大や戦後の燃料不足、ベッドタウン化した都市部での需要増など、大正・昭和・平成を走った県内バスの変遷が、14分間の映像でまとめられている。

 映像は同社ホームページ(http://www.narakotsu.co.jp/rosen/bus100years/)から閲覧できる。同社担当者は「DVDを通じてより多くの人にバスに親しんでもらい、バス事業への理解を深めてほしい」と話した。

 DVDの応募対象は公共団体、学校、公的施設など。応募は30日までに、はがきに団体・施設名、代表者名、住所、電話番号、DVDの活用方法を明記し、〒630-8651 奈良市大宮町1-1-25「奈良交通株式会社 総務人事部 100周年記念映像DVD係」に郵送する。応募者多数の場合は抽選。問い合わせは同社総務人事部(電)0742・20・3116。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ