産経ニュース

墨彩画やガラス絵40点 矢島さん、日光で作品展

地方 地方

記事詳細

更新


墨彩画やガラス絵40点 矢島さん、日光で作品展

 自由奔放な画風で知られる足利市出身の墨彩画家、矢島想月(そうげつ)さん(76)の作品展が日光市山内のレストラン「明治の館」庭内のギャラリー蓄音機で開かれている。17日まで。

 矢島さんは元高校教諭で、独学で墨彩画の世界を築き、地蔵など郷愁を誘う絵に、その生き方から生まれた言葉を添える画風にたどりついた。

 日光市在住で日光観光大使も務める。

 日光の山をイメージした墨彩画や拓版画をはじめ、ガラス絵の新作など約40点が展示販売されている。ガラス絵はアクリルカラーを使って赤鬼や青鬼などの顔がかわいらしく温かみのある表情で描かれている。

 矢島さんは「今の自分のできる力の限り制作した」と話した。午前11時~午後5時。問い合わせはギャラリー蓄音機(電)0288・53・3751。