産経ニュース

「つながり人口」創出へ 長野県、移住推進事業に945万円

地方 地方

記事詳細

更新


「つながり人口」創出へ 長野県、移住推進事業に945万円

 すでにモデル地区として長野市鬼無里地区と小川村を指定するとともに、地域づくりのコンサルタント業務を行うNPO法人などを委託先として選定。募集した都市住民10人ずつを毎月1回程度招き、来年2月ころまで、地域の歴史などを講座で学んだり、観光資源を発掘したりする企画・立案作業に携わってもらう。

 受け入れ団体には、地域の観光振興会や観光事業者、地域おこし協力隊などが想定されている。

 事業費には、参加する都市住民の交通費や現地での会議費、委託先との契約費などが措置されている。県楽園信州・移住推進室は、補正予算案の可決・成立を受け、8月に参加を希望する都市住民を募集し、9月ごろから本格実施したい考えだ。