産経ニュース

来年度私立高の定員45人減へ 長野

地方 地方

記事詳細

更新


来年度私立高の定員45人減へ 長野

 県内の公立・私立高校の募集定員を検討する県の連絡協議会(会長・原山隆一県教育委員会教育長)は11日、平成31年度高校入試における全日制私立15校の募集定員について、前年度を45人下回る3565人とすることを決めた。

 30年度の中学卒業予定者は、29年度より582人減少し、初めて2万人台を割り込み、1万9657人となる見通し。公立高校と私立高校の募集定員比率の基準や、予想される進学率などを勘案した場合、3530人が適正規模となる。だが、少子化が進む中、私立高校の経営環境に配慮し、「35人」上乗せした。

 公立高校の募集定員をめぐっては、連絡協議会が近く定める方針を踏まえ、県教育委員会が10~11月に正式決定する。