産経ニュース

食卓の主役に?「南加瀬三丁目のあさづけ」 神奈川

地方 地方

記事詳細

更新


食卓の主役に?「南加瀬三丁目のあさづけ」 神奈川

 カサイの主力商品「南加瀬三丁目のあさづけ」は、同社自慢の「50年もの」のぬか床で漬けたキュウリを中心に、カブ、ニンジン、ダイコンをパッケージ化している。

 特にキュウリは食品添加物や化学調味料を一切使っていないことがセールスポイント。野菜の自然な味が生かされ、かむほどに味わいが深まるのが特徴だ。河西哲夫社長は「漬物は食卓の主役にはなりえない」と控えめだが、つい箸が伸びてしまうなど、食卓から主役の座を奪う力を秘めているかもしれない。

 川崎市が優れた食品や工芸品などを3年ごとに認定する「かわさき名産品」(平成27~29年度、30~32年度)にも選出。大部分の商品のラベルに添えられた河西社長の笑顔の写真がアイキャッチとなり、健康食品ブームの波も受けながら、じわりと知名度を上げている。