産経ニュース

ハンガリーのカヌースプリントチーム、府中湖で東京五輪事前合宿へ 香川知事「選ばれ大変誇らしい」

地方 地方

記事詳細

更新


ハンガリーのカヌースプリントチーム、府中湖で東京五輪事前合宿へ 香川知事「選ばれ大変誇らしい」

 香川県の浜田恵造知事と坂出市の綾宏市長は11日、ハンガリーカヌー連盟との間で、カヌースプリントチームが2020東京オリンピックの事前合宿を府中湖カヌー競技場(坂出市)で実施することに合意したと発表した。

 県は市町や関係団体と東京オリンピック・パラリンピックに向けて事前合宿の誘致活動を展開している。浜田知事と綾市長が県政記者室で発表した。

 ハンガリーは、静水の直線コースを一斉にスタートして着順を競うスプリント競技で世界トップレベルの強豪国。スプリント競技のメダル獲得数は2016年のリオデジャネイロ五輪3個(金3)、12年のロンドン五輪6個(金3、銀2、銅1)、08年の北京五輪4個(金2、銀1、銅1)。

 日本カヌー連盟の紹介でハンガリーカヌー連盟の会長ら3人が、昨年10月に同競技場を視察したことをきっかけに事前合宿の合意に至った。同連盟会長が署名した覚書が県と坂出市に届いた。

 浜田知事は「最高のコンディションで東京大会を迎えられるよう受け入れの準備を進める」「世界トップレベルのハンガリーに事前合宿地として選んでいただいたということは大変誇らしい。府中湖の競技場としての素晴らしさが世界的に伝わる形になる。香川県とハンガリーの友好交流が強まる契機ともなる」と述べた。

 綾市長は「ハンガリーカヌー連盟に合宿の準備や受け入れに必要な情報を提供していただくとともに、県や関係団体との連携を密にしてカヌーチームに満足していただけるような受け入れ環境を整備したい」と話した。

 府中湖カヌー競技場は日本カヌー連盟公認A級コース、日本オリンピック委員会から競技別強化センターの認定を受けている。1000メートル、9レーン。1996年にアトランタ五輪アジア地区予選会が開催され、北京五輪でフィンランドのカヌースプリント・ボートの事前合宿を受け入れた実績がある。また毎年、カヌースプリント海外派遣選手選考会が開かれている。