産経ニュース

自民県連、山本会長公認へ 来夏の参院選 群馬

地方 地方

記事詳細

更新


自民県連、山本会長公認へ 来夏の参院選 群馬

 自民党県連は11日、来年夏の参院選へ向け、選挙対策部会を開き、現職の山本一太県連会長の公認を党本部に申請することを内定した。県議みどり市区の補選で初当選した今泉健司氏を来年の統一地方選で行われる県議選の1次公認候補に追加することも決めた。

 また、県連所属の羽生田俊参院議員(70)=比例=について、公認を得られるよう党本部に要請する方針も固めた。党の内規で参院比例代表の公認候補は任期満了時点で原則満70歳未満と定められているが、改選を迎える議員全員が立候補の意志を示している。県内の支援団体から要請があったことに対する措置。

 今月中に予定する選挙対策委員会を経て、いずれも正式に決定する。