産経ニュース

「高根沢の野菜たっぷり」 まんぷく列車、焼きちゃんぽん登場 栃木

地方 地方

記事詳細

更新


「高根沢の野菜たっぷり」 まんぷく列車、焼きちゃんぽん登場 栃木

「とちぎまんぷく列車」を見送る高根沢町の関係者ら=高根沢町宝積寺のJR宝積寺駅 「とちぎまんぷく列車」を見送る高根沢町の関係者ら=高根沢町宝積寺のJR宝積寺駅

 栃木県内のグルメが味わえる「とちぎまんぷく列車」が運行され、新宿発黒磯行きのお座敷列車「華」(6両編成)が東北線を縦断した。県を対象に展開されているJRグループの大型誘客事業、デスティネーションキャンペーンの特別列車で、参加者には、おやま和牛や宇都宮餃子(ギョーザ)などが振る舞われた。

 9日に運行され、各地の停車駅で駅長や地元関係者が横断幕などで歓迎。宝積寺駅(高根沢町宝積寺)では、参加者が途中下車して世界的建築家、隈研吾さんが設計した駅舎と駅東口の「ちょっ蔵広場」などを見学。東京都新宿区の女性会社員(37)は「(石造りの)建物が素敵。車内の和牛、餃子もおいしかった」と話した。

 同駅で「高根沢焼きちゃんぽん」を提供した「ちょっ蔵食堂」を運営するKENMOKU(同町)の見目菜穂美社長(55)は「地元の野菜をたっぷり入れた。東京方面からもたくさん来ている。高根沢を知ってもらうきっかけになれば」と気合が入っていた。