PR

地方 地方

多摩川河川敷に4349人 TOKYOウオーク2018

Messenger

 東京の名所などを歩き、健康づくりを目指す「TOKYOウオーク2018」(都など主催、ライオン特別協賛)の今年度第1回大会が9日、世田谷・狛江エリアで開催された。真夏を思わせる暑さの中、4349人が参加し、さわやかな汗を流した。

 このイベントは平成21年から始まり、今年は10年目の節目。今回は世田谷区の駒沢オリンピック公園中央広場を発着会場に、多摩川河川敷などを21、14、6キロ歩く各コースのほか、ガイドが案内する「ガイドウォーク」、親子や祖父母と孫で楽しめる「こどもとウォーク」が設けられた。

 板橋区から姉妹で参加した山本悦子さん(66)と久子さん(62)の姉妹は「多摩川の河川敷がよかった。昨年に続き今年も2人で5回完歩を目指します」と声を弾ませていた。次回は7月7日に瑞穂・武蔵村山エリアで行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ