PR

地方 地方

小豆島の「東洋オリーブ」が自社オリーブオイルの特長生かした化粧品

Messenger

 香川県小豆島町の「東洋オリーブ」(南安子社長)は、自社のオリーブオイルを配合した基礎化粧品の販売を始めた。

 同社は、オリーブ栽培から関連商品の製造・販売も手がけており、肌に浸透しやすく敏感な肌を守るオリーブオイルの特長を生かし、今回の基礎化粧品を商品開発した。

 洗顔用せっけんと洗顔後の化粧水、保湿クリームがメインで保湿性の高いハンドクリームも商品化した。

 トレアモイスチャーソープ(90グラム)=2160円▽同ローション(120ミリリットル)=3780円▽同ゲルクリーム(50グラム)=4860円▽同ハンドクリーム(25グラム)=1080円。価格は税込み。

 同社は「オリーブ果実エキスを使った基礎化粧品で、自然な潤いを感じてほしい」としている。問い合わせは、同社(フリーダイヤル0120・750・271)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ