PR

地方 地方

五輪盛り上げるんだ、ジョー!! 墨田区、ライセンス商品事業者を募集

Messenger

 ボクシング漫画の不朽の名作「あしたのジョー」(高森朝雄氏原作・ちばてつや氏画)で2020年東京五輪・パラリンピックの機運を高めようと、墨田区は主人公、矢吹丈のイラストなどを使ったライセンス商品の開発・販売を行う区内事業者の募集を始めた。あしたのジョーといえばメイン舞台は台東区や荒川区だが、墨田区にもゆかりが深く、区は盛り上げ役として期待している。

 墨田区には東京五輪のボクシング競技が行われる国技館があり、ボクシングを盛り上げるのに「あしたのジョー」はまさにぴったり。そして、同作と区の縁は、ちばてつや氏が子供の頃に墨田区に住んでいたことなどがある。

 こうしたことから、墨田区はあしたのジョーとタッグを組んで、五輪に向けたPR活動「あしたのジョー×すみだ」を今年度から展開しており、今回の商品開発・販売プロジェクトもその一環だ。

 募集は区内に事務所のある事業者で本社・支社は問わない。募集期間は平成32(2020)年6月末までで、商品は海外製の粗悪品を排除するため原則として国内で生産することなどが条件。契約は講談社(文京区)と結ぶことになるが、区観光協会が仲介・支援を行う。

 契約は発売から1年間となり、延長も可能。また、ロイヤルティーは売り上げに応じて変わるが、最低保証料は格安だという。区側は「講談社に協力してもらった結果」としている。

 区によると、募集に先立って、4月下旬に区役所で行われた事業者向けの説明会では、55事業者計84人が参加し、どの事業者も意欲的な姿勢を示していた。矢吹丈がどんな商品を飾るのか楽しみだ。

 問い合わせは区観光協会(すみだまち処)(電)03・6796・6341。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ