PR

地方 地方

新幹線長崎ルート、佐賀の負担を極力軽減へ 与党検討委

Messenger

 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)のフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)に代わる整備方法を議論している与党検討委員会は8日、国会内で会合を開き、佐賀県の負担を極力軽減するため、JR九州や長崎県と詳細な検討を進めることを確認した。

 与党は、長崎ルートのうち佐賀県内の新鳥栖-武雄温泉について、フル規格か、在来線を改良するミニ新幹線での整備を検討。7月をめどに、結論をとりまとめる。

 建設費はフル規格なら6千億円、ミニ新幹線は1700億~2600億円と試算されている。

 佐賀県は、当初計画されていた在来線をそのまま使うFGTの導入に比べ、負担が増えることに難色を示している。

 検討委はフル規格、ミニ新幹線の両方式について、JRや国、沿線自治体の負担額を固め、佐賀県に示す。委員長の山本幸三・前地方創生担当相は会合後「一定の案を示して佐賀の意見を聞きたい」と記者団に述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ