PR

地方 地方

紀南屈指の名所でアジサイ咲き始め 和歌山・上富田の救馬渓観音

Messenger

 約120種類1万株が咲き誇り、紀南地方屈指のアジサイの名所として知られる上富田町生馬の寺「救馬渓(すくまだに)観音」境内にある「あじさい曼荼羅(まんだら)園」で、色とりどりのアジサイが咲き始め、訪れた参拝客らの注目を集めている。今月いっぱいは楽しめるという。

 同園には一般的なヒメアジサイやガクアジサイをはじめ、てまりてまり、星花火、ドラゴンアイ、ダンスパーティーなど珍しい種類も数多く植えられ、赤、青、紫、白とカラフルな花々が、木々の緑の中で美しさを際だたせている。森本眞弘住職は「春先の高温の影響で例年より1週間程度咲くのが早いが、まだ4~6分咲き。来週には見頃を迎えそう」と話している。

 開園時間は午前9時半~午後4時。入園料は高校生以上500円、小中学生250円。17日午前10時から「あじさい祭り」が開かれ、咲き誇るアジサイの中でバザーなどが行われる。問い合わせは同園(電)0739・47・1140。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ