PR

地方 地方

あざやかな絵画74点 京丹後の豪商稲葉本家で展示

Messenger

 京丹後市久美浜町で絵手紙教室を主宰するふなや吉兵衛(きちべえ)さん(71)と生徒らの作品を集めた展覧会「第8回 吉兵衛と仲間たち展」が、同市久美浜町の豪商稲葉本家で開かれている。7月7日まで。

 吉兵衛さんの作品と、吉兵衛さんの絵手紙教室の生徒や特別養護老人ホームの入居者ら20~90代の計34人の74点を展示。

 吉兵衛さんの作品は、あざやかな色調とはっきりした線が特徴。地元の祭りからアイデアを得た「久美浜(一区)の秋まつりをヒントに」のほか、絵と文字を組み合わせた「つぶやき絵画」として、「古希まんだたびの途中。」の言葉にイヌやトンボなど動物や昆虫を合わせて描いた作品などが並んでいる。

 同展は毎年、開催されており、吉兵衛さんは「絵を描くという行為は、時間を貯(た)めてゆく営み。こつこつと貯めた時間の貯金箱の扉を開いて、みなさんに見ていただきたい」と話している。水曜休館。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ