産経ニュース

JR四国、高齢者向け事業に初参入へ 東京の業者と共同 鉄道・駅ビルと相乗効果見込む

地方 地方

記事詳細

更新


JR四国、高齢者向け事業に初参入へ 東京の業者と共同 鉄道・駅ビルと相乗効果見込む

 JR四国は6日、「レコードブック」というブランド名で高齢者向け事業を展開している「インターネットインフィニティー(IIF)」(東京)と共同で、短時間のリハビリ特化型デイサービス事業を始めると発表した。本業の鉄道や駅ビル事業などとの相乗効果を発揮できると判断した。同社が高齢者向け事業を行うのは初めて。

 IIFでは、要支援から軽度要介護認定者向けのデイサービス事業「レコードブック」を展開しており、全国で約110店舗を運営。1回のプログラムは3時間で、筑波大と共同開発した日常動作改善のための運動プログラムを提供。ストレッチやリラクセーション効果を備えた高機能マシンを使った筋力トレーニングとスクエアステップ(碁盤状のシート)を用いた歩行訓練で「自立状態の維持」を目指している。

 JR四国では、全国に先駆けて高齢化が進む四国の現状から高齢者向け事業を検討していた。所有するマンションやスペースを有効利用できることもあり、IIFの事業を共同で行うことにした。IIFにとっても四国展開の足かがりにしたい狙いがある。

 サービス名は「JR四国レコードブック」で、8月に高松市の栗林駅前の子会社所有のマンション1階に栗林駅前店、9月に香川県丸亀市の丸亀駅近くの高架下に丸亀駅前店を、IIFが事業主体となって開設する。1店舗あたりの事業費は2千万円を予定、年商は4千万円を想定している。

 JR四国は事業資金の一部を出すとともに、運営ノウハウの取得に努め、半年から1年程度でIIFから事業を引き継ぐ予定。店舗も増やしていくという。

 IIFの別宮圭一社長は「今回の事業の対象者は四国で約16万人いるとみられる。四国全体で十数店舗の出店が可能と判断している」とした。JR四国の半井真司社長は「波及効果の大きい事業とみており、成功させたい」と話した。