産経ニュース

朝ドラ効果、五平餅人気 滋賀・伊吹山で4~5月の売り上げ増

地方 地方

記事詳細

更新


朝ドラ効果、五平餅人気 滋賀・伊吹山で4~5月の売り上げ増

 伊吹山ドライブウェイ山頂駐車場にある観光施設「スカイテラス」(米原市)で、岐阜県などの郷土料理「五平餅(ごへいもち)」が人気となっている。4~5月の売り上げは計約560本で前年の約3割増という。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で五平餅が紹介されたことが要因とみられ「それまで五平餅を知らなかった人たちが買い求めている」という。

 五平餅は主に中部地方の山間部に伝わる郷土料理。楕円形にしたうるち米を串刺しにし、しょうゆやみそベースのタレで焼いた香ばしさが特長だ。県内での販売は珍しいという。

 「半分、青い。」では岐阜出身のヒロイン、楡野鈴愛(にれの・すずめ)が五平餅を漫画家の秋風羽織に差し入れし、口にした秋風が絶賛したことから注目を集めた。

 買い求めるのは五平餅を知らない若者や子育て世代が多いという。店長の山北大地さん(31)は「若者たちが『これが五平餅なの』と言いながら興味深げに味わっている」と話している。