PR

地方 地方

フットサル元日本代表・吉田輝さん、地元・宝塚で出前授業 プロの技、児童に披露

Messenger

 フットサル元日本代表で、イタリアのプロリーグでも活躍した宝塚市出身の吉田輝(あきら)さん(31)が5日、同市内の4小学校で出前授業を行った。授業には現役のフットサルイタリア代表の選手らも参加。児童らは選手の華麗な足技に目を輝かせながら、元気いっぱいにボールを追いかけていた。

 吉田さんは小中学生のころ、同市の宝塚ジュニアフットボールクラブ(FC)に所属し、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表メンバーに選ばれた岡崎慎司選手(32)とチームメートだった。

 17歳でイタリアに渡り、ボールコントロールのうまさを見込まれてフットサルに転向。平成21年から5年間、フットサル日本代表に選抜された。現在はローマを拠点に、サッカーなどで海外留学に挑戦したい人の支援などを行っている。

 出前授業は3年前から毎年、市内の小学校などで実施。今年は市立丸橋小(同市山本丸橋)や市立西山小(同市野上)など4校であり、計約400人が参加した。

 西山小の体育館で行われた教室には、4年生112人が参加。イタリア人選手らとパスやヘディングを練習した後、試合形式でボールを追いかけた。

 吉田さんは「子供たちに本物に触れる経験をしてほしい。夢を与えるためにも、今後も活動を続けていきたい」。宝塚ジュニアFCでプレーしている池田壮達(そうたつ)君(9)は「すごい技術を持った選手と一緒に練習できることはあまりないのでうれしい。サッカー選手になって、いつかは欧州でプレーしたい」と目を輝かせていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ