PR

地方 地方

田上町長に佐野氏が初当選

Messenger

 任期満了に伴う田上町長選が3日投開票され、無所属で新人の元会社役員、佐野恒雄氏(71)がいずれも無所属の新人3人を破り、初当選した。5期で引退を表明した佐藤邦義町長が後継者として指名した元町議、今井幸代氏(33)との接戦を制した。

 佐野氏は佐藤町長の後援会長。人口減少対策を重視し、除雪対策の充実▽小中学生の給食費負担の軽減▽未来に向けた農業の構築-などを訴え、支持を広げた。

 今井氏は、自民党田上支部の推薦を受け、子育てや教育、高齢者福祉など6つの政策を掲げたが、佐野氏に約300票及ばなかった。このほか、いずれも元町議の笹川修一氏(61)、皆川忠志氏(69)も立候補していたが、浸透しなかった。

 同町議補選(欠員4)も同日投開票され、元職2人、新人2人が当選した。

 町長選の投票率は前回選を1・18ポイント上回る71・04%。町議補選は71・03%だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ