PR

地方 地方

東北絆まつりに30万人 五輪開会式「出演したい」

Messenger

 「復興」を掲げて招致に成功した東京五輪・パラリンピック。実行委は4月、組織委員会に開会式などへの参加を要請した。

 絆まつりの開幕式典で、谷藤市長は「ぜひ出演させていただき、世界中からの支援に感謝の気持ちを伝える機会となることを願っている」とあいさつ。衆院岩手2区選出の鈴木俊一五輪相は「東北が一丸となって復興に向け力強く歩みを進める姿は、2020年東京大会が盛り上がっていくことにつながる」と応じた。

 立花課長は「絆まつりは復興を発信するのにふさわしいイベントで、東京五輪・パラリンピックはさらに発信できる場。今回の熱気が伝わってくれれば」と期待をにじませた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ