PR

地方 地方

「花見観光」で山梨の3月外国人宿泊数43%増

Messenger

 国土交通省が全国統一の基準で行う宿泊旅行統計調査によると、3月に県内の1373施設を利用した外国人の宿泊客数は、16万8千人(前年同月比42・8%増)だった。

 平成23年に導入した現方式の調査で、3月単月としては最高となった。日本人を含む合計宿泊者数も、62万8千人(同2・5%増)と3カ月連続で増加した。

 外国人観光客が大幅に増えた理由として、県は「桜の花見に合わせた観光ツアーが増加した」(観光企画課)と指摘している。

 国別では、調査した20カ国・地域のうち、フランスを除く19カ国で増加した。減少傾向が続いていたトップの中国も増加に転じ、4万6640人(同5・4%増)となった。2位の台湾は2万3770人(同93・1%増)と大きく伸びた。

 一方、日本人客は46万人(同7%減)と伸び悩んだ。「天候不順で、マイカー利用が減少した」(県観光企画課)とみている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ