PR

地方 地方

メダカすくいや着付け体験 海南・黒江めった祭りにぎわう

Messenger

 かつて職人の町として栄えた海南市黒江地区で町歩きを楽しむイベント「黒江めった祭り」が3日、同地区一帯で開かれた。メダカすくいや着物の着付け体験などさまざまな体験プログラムが用意され、多くの市民らが風情ある町並みでの散策を楽しんだ。

 同地区には軒下でメダカを飼う風習があるとされ、同市などでメダカを指す方言「めった」や「めったん」にちなんで「めった祭り」と呼ばれている。メダカをきっかけに町の魅力を感じてもらおうと、地元有志がつくる実行委が昨年から開催している。

 この日、会場の一つの黒江公民館周辺では、メダカすくいや着物の着付け、蒔絵(まきえ)体験などさまざまな催しが開かれたほか、メダカや、メダカの飼育に適した紀州漆器や限定の手ぬぐいなどが販売され、飲食ブースも多数並んだ。訪れた家族連れらは、元気に泳ぎ回るメダカをすくうのに奮闘したり、着物を着て漆器店が並ぶ町並みを歩いたりしてイベントを満喫していた。

 和歌山市の小学2年、竹中譲輝君(7)は「メダカはすばしっこくて全然捕まえられなかったけど、すごく楽しかった」と笑顔で話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ