PR

地方 地方

【小・中学校将棋団体戦】相川小、梨大付中が優勝

小学校の部Aで優勝した相川小の(左から)中村朔太郎君、小林丈朗君、有賀柊和君
Messenger

 文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦(主催・日本将棋連盟、産経新聞社)の代表チームを決める県大会が3日、甲府市内で開かれた。

 各校3人で構成するチームによる対抗戦。「小学校の部A」は5チームが出場。甲府市立相川小の小林丈朗君(5年)、有賀柊和君(4年)、中村朔太郎君(同)のチームが初優勝した。

 主将の小林君は「3人とも守備を固めて攻撃するカウンタースタイル。とてもうれしい」と勝利を喜んだ。

 「中学校の部」は2チームが参加し、山梨大学付属中が優勝。狩野竜馬君(2年)、海野雪乃さん(同)、三枝平蔵君(1年)のチームが2年連続で優勝した。

 主将の狩野君は「チーム一丸で優勝できてうれしい。東日本大会はみんなでできる限りのことをして1つでも勝ちたい」と意気込みをみせた。

 両校のチームは7月26日に東京都内で開催する東日本大会に出場し、8月に都内で開く全国大会への進出を目指す。(昌林龍一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ