PR

地方 地方

F15展示飛行に歓声 空自奈良基地を一般開放

Messenger

 奈良市の航空自衛隊奈良基地で2日、住民らと交流を深める恒例行事「基地祭」が行われ、F15戦闘機の飛行展示や高機動車の体験乗車が家族連れの人気を集めた。

 基地を一般開放し、自衛隊の装備品や航空機を間近に見学できる機会。この日は晴天に恵まれ、約6200人が訪れた。

 中央訓練場では、基地内にある空自幹部候補生学校の候補生約220人が観閲(かんえつ)行進したほか、岐阜基地所属のF15の展示飛行を実施。基地上空450~600メートルを飛行すると、詰めかけた人は歓声をあげていた。陸自の高機動車の体験乗車や自衛隊制服の試着会もあり、家族連れを楽しませた。

 高機動車に乗って家族と記念撮影を楽しんだ河合町の小学3年、下岡大輝君(8)は「格好良かった。また乗ってみたい」と笑顔で話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ