PR

地方 地方

G20向け違法民泊撲滅へ 大阪市、実動部隊が発足

Messenger

 全国で民泊を解禁する住宅宿泊事業法(民泊新法)が15日に施行されるのを前に、大阪市や府警OBでつくる「違法民泊撲滅チーム」の実動部隊の発足式が1日、活動拠点となる浪速区役所で開かれた。

 来年6月28、29日に大阪で日本初開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議までに「違法民泊ゼロ」を目指す。

 実動部隊は市職員や府警OBら約50人。最終的には約70人体制に増やし、違法民泊の監視・指導などにあたる。指導に応じない悪質な業者については、刑事告発を検討するなど厳しい対応を取る方針。

 市内の違法民泊は1万室以上あると推定されており、発足式に出席した吉村洋文市長は「ルールを守って安心して利用できる民泊を広めていかなければならない。G20までの撲滅を目標として、力を存分に発揮してほしい」と激励した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ