産経ニュース

宮古-室蘭間フェリー22日就航 宮古港、ターミナル完成 岩手知事「貨物拠点、復興に力」

地方 地方

記事詳細

更新


宮古-室蘭間フェリー22日就航 宮古港、ターミナル完成 岩手知事「貨物拠点、復興に力」

宮古-室蘭間のフェリーに就航する「シルバークィーン」(川崎近海汽船提供) 宮古-室蘭間のフェリーに就航する「シルバークィーン」(川崎近海汽船提供)

 三陸沿岸道路は仙台市までほとんど無料。太平洋側で冬期の通行止めの心配も少ない。八戸港-苫小牧港間のフェリーも運航する川崎近海汽船は仙台市まで割安で安定した三陸沿岸道路は新たな輸送需要が期待できると宮古-室蘭間にフェリー航路を開設した。

 落成式で達増知事は「ターミナルビルは貨物輸送の拠点として震災復興に大きな力を発揮する」、赤沼社長も「三陸沿岸道路の全線開通まで厳しい道のりと思うが、できるだけ早く船の新造の正式な検討に入りたい」と期待感を示した。

 就航する船はシルバークィーン(7005トン、定員600人、トラック69台、乗用車20台)。1日1往復(宮古午前8時発-室蘭午後6時着、室蘭午後8時発-宮古午前6時着)。大人の運賃は特等1万5千円、1等1万2千円、2等寝台8千円、2等6千円。乗用車(4メートル未満)が2万800円。問い合わせは(電)0120・539・468。

このニュースの写真

  • 宮古-室蘭間フェリー22日就航 宮古港、ターミナル完成 岩手知事「貨物拠点、復興に力」
  • 宮古-室蘭間フェリー22日就航 宮古港、ターミナル完成 岩手知事「貨物拠点、復興に力」