PR

地方 地方

キュートなバンビ 春日大社境内・鹿苑で一般公開

Messenger

 この春生まれたばかりの子ジカの一般公開が1日、奈良市の春日大社境内にあるシカの保護施設「鹿苑(ろくえん)」で始まり、初日から大勢の観光客が子ジカの愛らしい姿に見入っていた。

 子育て中のシカの様子を公開し、生態を知ってもらおうと「奈良の鹿愛護会」が毎年実施。今年は5月2日からこの日朝までに114頭の子ジカが生まれ、鹿苑内で保護されている。

 初めて見に来たという大阪府箕面市の動物看護師、川崎有香さん(25)は「小さな体と白い斑点の毛がとても可愛らしいですね」。同会の担当者は「子ジカにむやみに触ると、母ジカが叩いてくることがある。遠くから見守ってあげてほしい」と話していた。

 公開は30日までの午前11時~午後2時(入場は午後1時半まで)。一般300円で高校生以下は無料。問い合わせは同会(電)0742・22・2388。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ