PR

地方 地方

【新潟知事選】あすラストサンデー 3候補、舌戦ヒートアップ

Messenger

 10日に投開票される知事選は3日、選挙戦最後の日曜日である「ラストサンデー」を迎える。選挙戦も後半に入り、いずれも無所属新人の3候補は週末の県内を精力的に回り、舌戦を繰り広げる。天候にも恵まれそうで、どの陣営も力が入り、ヒートアップしそうだ。

 元市議の安中聡氏(40)は2日、糸魚川、妙高、上越の3市で街頭演説。3日は終日新潟市内の20カ所以上で「反原発」「公正な社会」などを訴える。

 元海上保安庁次長で元副知事の花角英世氏(60)=自民、公明支持=は引き続き県内各界からの応援を受け、「県民党」をアピールする。2日は三条市を皮切りに、加茂、新潟の両市で街頭演説。3日は上越、柏崎、長岡の3市を回る予定だ。与党系大物議員の応援演説は行わないという。

 一方、元県議の池田千賀子氏(57)=立民、国民、共産、自由、社民推薦=の陣営は野党各党の大物弁士が相次いで新潟入りし「与野党対決」を強調する。2日午前11時から、新潟市中央区のJR新潟駅万代口で5野党1会派の党首らが街頭演説。3日には立民の蓮舫副代表や辻元清美国対委員長も同市内で応援する予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ