PR

地方 地方

都留市立病院で来年2月から分娩再開 梨大から11年ぶり医師

都留市立病院の分娩再開を発表した(左から)山梨大医学部の平田修司教授、後藤斎知事、都留市の堀内富久市長=31日、県庁(松田宗弘撮影)
Messenger

 都留市立病院(都留市つる)で来年2月、約11年ぶりに分娩(ぶんべん)を再開する。平成20年4月に山梨大が医師不足を理由に産科医の派遣を中止。同大はその後、県と協力して医師育成や増員を図り、ようやく産科医3人の派遣態勢が整った。

 同市と山梨大医学部、県が31日、県庁での会見で発表した。後藤斎知事は「東部地域の多くの夫婦にとって朗報だと思う。今後も山梨大と連携して産科医を確保し、すべての地域で分娩ができる態勢を作りたい」と述べた。

 同病院の分娩中止以降、東部地域の妊産婦は、富士吉田市立病院、山梨赤十字病院(富士河口湖町)で分娩していた。

 来年2月以降、都留市立病院では、産科医3人と助産師8人の態勢で分娩を再開。国と県の補助を受け、関連機器も一新する。分娩の予約は8月から受け付ける。

 会見に臨んだ山梨大医学部の平田修司教授は「甲府と富士吉田以外の地域の妊産婦は遠くまで通わなければならなかった。東部地域では利便性に加え安全性も高まる」と再開の意義を語った。

 県医務課によると、県内の産科医は平成12年には88人いたが、その後の減少で24年に70人になった。県は山梨大に寄付講座を開設し、奨学金制度の支援なども行い、28年には78人まで戻った。

 同課によると、県内の分娩数は24年に6336人だったが、毎年の減少で28年には5819人となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ