PR

地方 地方

SL利用客にトレーディングカード JR東高崎支社、来月から32種類

トレーディングカードのデザインを説明する木村法雄支社長=31日、JR東日本高崎支社(椎名高志撮影)
Messenger

 JR東日本高崎支社は7月から、「D51」と「C61」の2両のSL(蒸気機関車)の利用客に「SL GUNMA トレーディングカード」をプレゼントする。根強い人気を誇るSLの一層の利用促進を図るとともに「鉄道ファンの心をくすぐり、カードを集める楽しみを提供する」(同支社)のが狙いだ。

 一般には公開されていない「SLの先台車の車輪を外して点検している様子」や工具のアップ、疾走するSLなど32種類のデザインを用意。うち2種類には「詳細は秘密」(同支社)という特殊加工が施されているという。裏面は動輪をイメージしたデザインで統一される。大きさは縦5・9センチ、横8・6センチ。

 7月から始まる大型観光イベント「ググっとぐんま観光キャンペーン」に合わせて来年2月までのSL運転日にプレゼントする。上越線(高崎駅-水上駅)と信越本線(高崎駅-横川駅)の下りのSLに乗車し、乗車券と座席指定券を持つ利用客に1回につき1枚を配布する。

 黒色のビニール袋で包装されるため、デザインは選べない。全32種類を集めたいSLファンの人気を集めそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ