PR

地方 地方

医師公募、破格条件でも集まらず断念 青森・深浦町 年収は2200万円

町の新たな医療拠点として、1日から業務を始める深浦診療所=青森県深浦町
Messenger

 深浦町が過疎地の医師不足に直面した。1日から業務を始める新たな診療所「深浦診療所」に勤務する医師を3年かけて破格の条件で公募したものの1人も採用できないまま断念。結局、町内に勤務経験のある医師に依頼し、開業にこぎつけた。全国的にも医師が1人もいない「無医村」や医療機関へのアクセスが難しい地域は少なくない。地方や過疎地が抱えている医療の現実をこの町のケースが如実に映し出している。 (福田徳行)

 ◆常勤1人のまち

 人口8300人余(4月末)の同町には平成25年度まで町営の2つの診療所に3人の医師が勤務していたが、26年度から常勤医(69)1人の状態が続いていた。

 医療体制の整備が喫緊の課題となる中、町は27年、中心部の高台に複数医師体制の新診療所整備基本プランを策定し、公募で医師を確保することになった。

 町が提示したのは年収2200万円、無料の住宅提供、家賃以外に光熱費、学会への参加費と旅費ともに町が負担するという厚遇ぶり。いったんは2人の医師が応募したが「家庭の事情など条件が合わなかった」(同診療所の小山司事務長)ことから辞退されたという。

 ◆待遇よりも実績

 町は公募を断念。新診療所の開設が控えていたことから、25年度まで勤務していた76歳の医師に戻ってもらい、現在の常勤医と合わせて2人体制を確保、内科と外科の診療に当たってもらうことになった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ