PR

地方 地方

ICTで農業進化 中野のブドウ農家が導入、数値「見える化」で効率アップ

Messenger

 自動車生産の効率化を極限まで高めた「トヨタ式カイゼン(改善)」の手法を松本、安曇野両市の2農業法人で実施。稲作を対象に、水田面積や作業実績などのデータを「見える化」し、農作業の「カイゼン」につなげている。

 今後、他の農作物でも活用することを検討しており、農業の生産性向上に向けたICT導入の動きは、さらに加速しそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ