PR

地方 地方

恋人の聖地「白浜・三段壁」イルミネーション試験点灯 6月3日イベント

Messenger

 平成28年に「恋人の聖地」に認定された白浜町の観光名所「三段壁(さんだんべき)」で6月3日に「認定2周年記念イベント」が開催されるのを前に、イルミネーションの試験点灯が行われた。路上や近くの木々などに約5万球の発光ダイオード(LED)電球が飾られ、赤や青、黄など色鮮やかなイルミネーションが名所を彩った。

 恋人の聖地は、NPO法人地域活性化支援センター(静岡市)が「プロポーズにふさわしいロマンチックなスポット」として認定。現在は全国に139カ所あり、県内では和歌山マリーナシティ(和歌山市)に次いで三段壁が認定され、昨年は恋人の聖地のコンセプトを生かした活動実績を挙げたとして「観光交流大賞」にも選ばれた。

 イベントは町や観光協会などでつくる「ALL白浜ここでしかできない旅実行委員会」の主催。初めて周辺の道路沿い約50メートルを7月16日まで毎日午後6時~10時半にイルミネーションで飾るほか、6月3日のイベント当日は青空マーケットや、大切な人へのはがきを駐車場近くに設置されたピンクのポストから投函(とうかん)すると記念の特製消印が押される愛の絵はがきコーナー、笛・弦楽器奏者のきしもとタローさんとバイオリン奏者の熊澤洋子さんのコンサート(午前11時と午後2時)がある。問い合わせは同町民生課(電)0739・43・5702。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ