PR

地方 地方

東武日光駅前に自動外貨両替機が登場 県内初、12通貨対応

県内初の自動外貨両替機=日光市・東武日光駅前
Messenger

 東武日光線東武日光駅前(日光市松原町)に県内初となる自動外貨両替機が設置され、海外からの観光客に好評だ。10言語と12の通貨に対応し、音声ガイダンスに従い、外貨と日本の円を両替することができる。訪日外国人が増加する一方、国内観光地の店舗では現金志向が強く、クレジットカードなどが使えない場所も多いことから、外貨両替所の需要が増えている。

 設置されたのは同駅前の土産店「東光物産」。日光市は県内随一の観光地で、外国人宿泊者数が2年連続で過去最多となっていることなどから、開発したアクトプロ(東京都千代田区)が県内初の設置場所に選んだ。同社は、2020年東京五輪・パラリンピックまでに全国で1千カ所の設置を目指している。

 同店の山本巧子(よしこ)さん(79)は「さまざまな国の人が利用している。クレジットカードに対応できない店も多いので助かる」と話し、観光客のさらなる増加を期待した。(根本和哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ