PR

地方 地方

バイリンガルな芸妓デビュー 祇園東の富津愈さんが舞妓から「襟替え」 京都

Messenger

 京都五花街の一つ、祇園東の富津愈(とみつゆ)さんが28日、舞妓(まいこ)から芸妓(げいこ)になる「襟替(えりか)え」の日を迎えた。海外留学を経験し、英語を話せる舞妓として平成25年にデビューしてから約5年。「これからも多くの人に親しまれる芸妓さんになりとおす」と話した。

 富津愈さんは京都市右京区出身。学生時代の約4年間、ホームステイをしながらニュージーランドの学校に通ってきた。帰国後はお茶屋兼置屋(おきや)の「富菊」(同市東山区)に住み込み、稽古(けいこ)とお座敷をこなしてきた。

 この日からはこれまで親しんできた振り袖、だらり帯は消え、地毛で結っていた日本髪もかつらへ。

 正装の黒紋付き姿もつややかに、置屋前では大勢のカメラマンのポーズの注文に笑顔で応じながら、置屋・お茶屋などへのあいさつ回りに出かけていった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ