PR

地方 地方

いつでも「満開の梅林」 偕楽園にカラーパネル設置 茨城

偕楽園で満開となった梅林の写真をはめ込んだカラーパネル=28日午後、水戸市常磐町(永井大輔撮影)
Messenger

 水戸市の偕楽園で1年を通じて梅の魅力を伝えようと、市民団体「偕楽園公園を愛する市民の会」が28日、満開となった梅林の写真をはめ込んだカラーパネルを寄贈した。

 パネルはステンレス製で、写真の顔料も紫外線で劣化しない特別なものを使用し、屋外でも長期間設置できる。はめ込む写真は複数枚用意しており、時期によって交換するという。

 寄贈式は、偕楽園見晴広場で行われ、同会の湊正雄会長(78)は「(パネルは)全国の皆様からの寄付があって完成したもの。本当に感謝している」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ