PR

地方 地方

酒蔵めぐりを満喫 京都府北部の4市1町で「天酒まつり」

Messenger

 府北部の酒蔵をめぐって各蔵の特色ある日本酒を楽しむ「第5回 丹後天酒まつり」が27日、京丹後市など4市1町の8蔵で開かれた。京阪神からの観光客も訪れ、各酒蔵の味を堪能した。

 丹後天酒まつりは26日から行われ、京丹後市や福知山市、舞鶴市、綾部市、与謝野町の8蔵が参加した。このうち、京丹後市大宮町の白杉酒造では酒蔵の前庭を開放し、観光客らが好みの銘柄を少量買って飲んだり、同市内のピザ店が提供する総菜と酒を合わせて楽しんだりしていた。

 同酒造の白杉悟社長(39)は「この日だけ酒蔵を公開しています。各酒蔵の酒をそれぞれの環境の中で味わってほしい。今後、さらに参加される酒蔵が増えれば」と話しながら接客していた。

 鉄道を利用し、福知山市から友人と2人で訪れた写真家の木崎敏清さん(72)は「飲むことと旅が好きなので、とてもいい企画だ。これからもう1カ所酒蔵を巡ります」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ