PR

地方 地方

懐かしのキハ28形、敦賀赤レンガ倉庫横に設置

大型クレーンでつり上げられる「キハ28形」=敦賀市
Messenger

 朱色とクリーム色の旧国鉄カラーを使った車体が特徴で、鉄道ファンらに人気がある気動車「キハ28形」の車両が、敦賀市金ケ崎町の敦賀赤レンガ倉庫横に設置された。

 車両は昭和43年に製造され、長さ21・3メートル、幅2・94メートル、高さ3・92メートル。全国で5両しか残っておらず、昨年12月に同市内であった鉄道フェスティバルで展示されて人気を集めた。

 昭和36年から平成11年まで小浜線を走っていた急行「わかさ」としても使われていたという。同市が大阪市の輸送会社から831万円で購入した。

 設置作業では、重さ38トンの車両を2台の大型クレーンでつり上げ、倉庫横に敷設した線路に慎重に固定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ