産経ニュース

長野県の介護保険料平均5596円 第7期基準額、前期比197円増

地方 地方

記事詳細

更新


長野県の介護保険料平均5596円 第7期基準額、前期比197円増

 県健康福祉部は、65歳以上の高齢者が負担する介護保険料の第7期(平成30~32年度)基準額を公表した。

 県内平均は月額5596円となり、前期(27~29年度)から197円(3・6%)増加した。前期比の伸び率は制度開始以降、最低となったものの、第1期(12~14年度)の2346円から比べると約2・3倍増大した。

 同部は、増加要因として、介護サービス給付費の増加や地域支援事業の増加などを挙げている。

 県内で介護保険事業を運営する60市町村と3広域連合のうち、43市町村と2広域連合で基準額が引き上げられ、13市町村と1広域連合は据え置き、4町村で引き下げられた。

 基準額が最も高かったのは、前期より1千円(16・9%)増加して月額6900円となった筑北村だった。最も低かったのは、300円(7・0%)増加した信濃町の同4600円。