PR

地方 地方

甲府市が軍配型「風林火山」プレート

Messenger

 甲府市は、来年の開府500年を記念して一般公募したバイク用のオリジナルナンバープレートのデザインを決定した。最優秀賞として採用が決まったのは、同市出身で神奈川県藤沢市在住の慶応大総合政策学部3年、志村敢人(かんと)さん(20)の作品。武田信玄公の軍配をイメージした形で、風林火山の文字と甲州印伝の代表的な図柄であるトンボ模様がデザインされている。

 授賞式で志村さんは「自分がデザインしたナンバープレートがまちを走ることがうれしい」と笑顔で語った。樋口雄一市長も「このプレートをつけたバイクが市内を走ることを楽しみにしている」と話した。

 市は2月までデザインを募集。県内外の応募作品計501点から、市職員や有識者による選考委員会で決定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ