PR

地方 地方

思いやり、花で育む 守山・小津小の70人観察

Messenger

 守山市立小津小学校(同市欲賀町)の6年生約70人が近くのバラ園「ローズファームケイジ」を訪れ、最盛期を迎えた色とりどりのバラを観察した。

 花を育てることを通じて自然の美しさを感じ、思いやりの心を育む「花育」を進めようと行われた。同園では、花弁の柔らかさや優しい色合いが特徴のオリジナル品種「わばら(WABARA)」が約60種栽培され、国内外に多くのファンを持つ。

 児童らは、同園の國枝啓司さんから「わばら」について説明を受けたあと、班ごとに配られた切り花を観察。「バナナの香りがする」「全部かわいい」などと思い思いの感想を言い合うなどした。また、バラを使った生け花にも挑戦した。

 岩塚優夏さん(11)は「バラは赤いイメージが強かったけど、いろんな色があって驚いた。生け花もおもしろかった」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ