産経ニュース

コワモテだけど「ぶちうまい」あすから「呉おこぜ」フェア 高級魚を気軽に

地方 地方

記事詳細

更新


コワモテだけど「ぶちうまい」あすから「呉おこぜ」フェア 高級魚を気軽に

 県内有数のオニオコゼの産地の呉市は、25日から6月3日までの10日間、市内の飲食店でオコゼ料理を堪能できる初めてのフェアを開催する。地元産を「呉おこぜ」と銘打ってブランド化を進める取り組みの一環。漁獲量が多い旬の時期に高級魚として人気のオニオコゼの魅力を市民や観光客に発信し、消費拡大を目指す。

 期間限定の「呉おこぜフェア」には、割烹(かっぽう)やホテルだけでなく、居酒屋や焼き鳥店など市内12の飲食店が参加。各店が定番の薄造りや唐揚げ、煮付けのほか、フレンチのコース料理なども用意し、フェアに合わせてお得な料金設定にもなっている。

 「顔はちょっとコワモテですが、クセのない白身はとっても美味」と市の担当者。参加店の料理を紹介したチラシもJR呉駅や市役所などで配布し、フェアをPRしている。

 市農林水産課によると、平成23年度から市内の漁協が毎年5~7万匹の稚魚を放流し、近海での漁獲量は増加傾向。27年の呉産出荷量は12トンで県内有数の産地となっており、1キロ1200~3千円で取引されるという。

 背びれに毒があるため調理が難しく、一般家庭ではなじみがうすいとされる中、市は28年度に市内14漁協や県とブランド化推進協議会を立ち上げ、消費拡大策を探っている。同課は「『呉おこぜ』のおいしさを広めて名物に育て、地域の活性化につなげたい」としている。