PR

地方 地方

春季関東高校野球 常総惜敗、決勝進出逃す

Messenger

 第70回春季関東地区高校野球大会は22日、準決勝2試合が千葉市稲毛区の千葉県野球場で行われ、県勢の常総学院は日大三(東京)と対戦した。一時は5点のリードを奪うも、終盤の猛攻に屈し8-9で惜敗、決勝進出はならなかった。

 一回、1死一、三塁から4番・藤川の三ゴロの間に三走・二瓶が生還し、先制。四回には、1番・水野の適時二塁打や3番・斉藤の2点本塁打などで一挙4点を挙げる。五回には5番・菊田に本塁打が飛び出し、5点のリードを奪う。

 六回、疲労の見え始めた先発のエース・谷田部に相手打線が襲いかかる。無死一塁から2点本塁打を浴びると、なおも無死一、二塁とされた。2番手に送り出された岡田もさらに1点を失い、七回にも2点を奪われ、終盤で同点に追いつかれる。九回に1点をもぎ取るも、その裏に本塁打を浴びるなど2点を奪われ、サヨナラ負けで決勝進出を逃した。

 決勝は23日、千葉県野球場で行われ、高崎健康福祉大高崎(健大高崎、群馬)と日大三が対戦する。

                   ◇

 ▽準決勝

 常総学院101 410 001 -8

 日大三 011 003 202x-9

 (常)谷田部、岡田-菊地

 (日)広沢、河村-佐藤英、萩原

 ▽本塁打=斉藤、菊田(常)、大塚2、佐藤コ、日置(日)▽二塁打=吽野、水野、菊地(常)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ