産経ニュース

名張市民センターの和室スペースに古民家レストラン

地方 地方

記事詳細

更新


名張市民センターの和室スペースに古民家レストラン

 名張市民センターの和室スペースに22日、イタリア料理店「古民家レストラン オステリア・チャオ」がオープンした。地域活性化の拠点として事業を推進した名張地区まちづくり推進協議会の田畑純也会長は「ここをモデルに今後も空き店舗などの利用につなげたい」と話した。

 和室スペースは名張商工会議所初代会頭の高北新治郎邸。老朽化したため耐震工事と併せてレストランを開設することにした。出店したのは、市内の旧細川邸やなせ宿でワンデイシェフ(日替わり店長)を務めていた高嶋拓美さん(38)。民間レストランやイタリアへの料理留学の経験もあるという。

 店内はカウンターとテーブルの15席。地元の食材を使ったオリジナルのイタリア料理を提供する。高嶋さんは「名張ならではのイタリア料理と静かな空間を楽しんでほしい」と話している。営業時間は午前9時~午後9時。月曜定休。