産経ニュース

いちほまれ、全国へ 田植え式に160人、生産量5倍に 福井

地方 地方

記事詳細

更新


いちほまれ、全国へ 田植え式に160人、生産量5倍に 福井

 コシヒカリの後継として県が今年から本格販売を目指す新銘柄米「いちほまれ」の田植え式が19日、福井市内で開かれた。いちほまれは昨年から栽培を開始。今年は生産量を5倍に増やし本格販売を始める予定で、9月中旬にも店頭に並ぶ。

 式では西川一誠知事が「日本一の米を全国に売り込みましょう」とあいさつ。地元の幼稚園児ら約160人が泥だらけになりながら苗を植えた。今年は県内の農家約380戸が計約3千トンを生産する見込みで、首都圏や関西、名古屋周辺などで販売する。

 いちほまれは「日本一おいしく誉れ高い米になるように」と命名された。福井市の小学5年、佐野智弥君(10)は「収穫したらおにぎりにして、みんなで食べたい」と笑顔で話した。