PR

地方 地方

茨城空港、来場1000万人 3月に台湾線、着実に利用者増

Messenger

 茨城空港(小美玉市与沢)への来場者数が1千万人に達し、19、20日に同空港や近くの複合施設「空のえき そ・ら・ら」で記念イベントが開催された。

 イベントでは、空港ビル内の対象店舗で1千円以上の買い物をした来場者を対象に、航空券の往復ペアチケットなどが当たる「巨大ガチャ抽選会」や、オリジナルグッズがもらえるスタンプラリーなどが行われた。

 送迎デッキではステージイベントが行われ、20日には、水戸市出身のシンガー・ソングライター、磯山純さんが歌声を披露したほか、お笑い芸人のテツandトモさんが得意のネタで集まった来場者らを楽しませていた。

 同空港は平成28年度の旅客数が22年の開港以来最多となる61万2316人を記録するなど、着実に利用者を増やしてきた。

 今年3月には台湾に本社を置く格安航空会社「タイガーエア台湾」の茨城と台北を結ぶプログラムチャーター便が就航。今月7日には、東京・秋葉原駅とつくば駅を結ぶ「つくばエクスプレス(TX)」の同空港までの延伸を目指し、小美玉市など7市議会が「TX茨城空港延伸議会期成同盟会」を設立するなど、同空港の利用拡大に向けた動きが活発になっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ