産経ニュース

宇都宮の伝統技術商品化 「宮染め」手ぬぐい好評

地方 地方

記事詳細

更新


宇都宮の伝統技術商品化 「宮染め」手ぬぐい好評

 宇都宮伝統の注染(ちゅうせん)の技術を受け継ぐ「宮染め」で、大谷石や黄ぶななど宇都宮を象徴するデザインの手ぬぐい5種類が商品化された。宇都宮美術館が平成27年に市民や宇都宮大、染色工場と取り組んだ「館外プロジェクト」で創作されたデザインを採用。デスティネーションキャンペーンに合わせて「宮の注染を拓(ひら)く 手拭(てぬぐい)」として、4月末から同館ミュージアムショップで販売を始めると、早くも売り切れ間近と好評だ。

 同プロジェクトは「地域産業とデザイン」をテーマに市民と共に、地場産業の伝統をよみがえらせようという試み。江戸時代中期からの宇都宮の染め物の歴史と、地域の風土について調査し、明治時代末期から広まった「注染」の技法に焦点を当てた。宇都宮を象徴するパターンデザインを一般公募し、5作品を選出した。

 「注染」は、生地に型紙を乗せて模様付けし、染料を注ぐ型染めの一種。宇都宮は田川や釜川が流れ、戦前までは数十軒の染色業者が並ぶ注染の一大拠点だった。戦後は木綿の反物の需要も減少、現在残っている染色工場は3軒だけだ。

 デザインはプロジェクトの大賞、準大賞など5点。大谷石の採掘場壁面に見られる手掘り・機械掘りの規則的な掘り跡を表現した「大谷石採掘の痕跡」、大谷石建造物の特徴の一つで「石の男瓦と女瓦を組み合わせた屋根」をモチーフにした「大谷石の石屋根」などがある。老舗の染色業者「中川染工場」や東武宇都宮百貨店が協力した。

 価格は、1枚864円と1296円の2種。販売は同館と同市宮園町の東武宇都宮百貨店。(松沢真美)