産経ニュース

29年度の九州・沖縄の百貨店、スーパー2年ぶり販売総額増

地方 地方

記事詳細

更新


29年度の九州・沖縄の百貨店、スーパー2年ぶり販売総額増

 九州経済産業局が平成29年度の九州・沖縄の百貨店、スーパーの販売額(速報、428店)を発表した。販売総額は前年度比1・2%増の1兆5374億円で、2年ぶりに増加した。株価が比較的高水準で推移したため、高額商品の売れ行きが好調だった。プロ野球福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズ優勝を記念したセールも販売増に寄与した。

 百貨店は1・1%増の5262億円と4年ぶりに増えた。高級ブランド品や宝飾貴金属が売れた。

 スーパーは化粧品などの販売が伸び、1・2%増の1兆112億円と2年ぶりに増えた。