PR

地方 地方

高齢者の夜間事故防げ 栃木県警が反射材マスコット

Messenger

 県警は、夜間の交通事故防止に向け、県交通安全協会と協力して反射材用品「とちピカくん」を作製した。県内の高齢者を中心に3万個が無料配布される。

 とちピカくんは、鞄などに付けることができる反射材で、縦7センチ、横6センチ。人気の県マスコットキャラクター「とちまるくん」をデザインし、気軽に鞄などに付けてもらい、反射材着用率向上を図る狙いがある。

 今年、県内の交通事故で死亡した33人(15日まで)のうち、高齢者が占める割合は7割以上。また、状況別では夜間歩行中での死亡事故が12人となっている。県警は夜間歩行中の反射材の着用を呼びかけており、とちピカくんは、高齢者宅を訪問し、交通安全などについて指導する高齢者交通安全等アドバイザーにより配布される。

 県警交通企画課の鬼丸純一課長補佐は「とちピカくんは夜道ではかなり目立って光るので、事故防止につながる。ぜひ鞄などに付けてほしい」と呼びかける。(根本和哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ