PR

地方 地方

神戸のフリースクール生、ヒツジの毛刈りで保育園児と交流

園児とともにヒツジの毛刈りを体験する神出学園の学生ら=神戸市西区
Messenger

 国内唯一の公立のフリースクール「県立神出(かんで)学園」(神戸市西区)の学生28人が16日、近くの神出保育園の園児20人とヒツジの毛刈りなどを通じて交流した。

 同学園は、県が不登校となった学生への支援施設が必要と考え、平成6年10月に開校。中学校を卒業後、高校や大学になじめず不登校になった23歳未満の学生を受け入れ、進路決定などをサポートしている。学生は寮で共同生活し、学園内で農園作業や動物飼育などの活動に取り組む。

 園児との交流会は、学生の自立を促そうと7年から毎年開催。学生らはこの日、園児とともに大型のバリカンを手にヒツジの毛刈りを体験した。参加した同学園の森本夢さん(16)は「園児が元気に楽しんでいるのを見て、こちらも元気をもらえた」と笑顔で話していた。

 同学園の小林剛学園長(84)は「園児と関わることで、学生たちも前向きな気持ちになってほしい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ